高橋諭一の中内

日本の平均寿命は伸びる傾向にあり現在では超高齢化社会になっています。そんな状況下で、需要が高まる職業が医師や看護師、介護士ではないでしょうか。全て専門知識、特殊な技術が必要な仕事で、簡単な仕事ではないです。この3つの職種の従業者の育成を政府は、もっと真剣に考えてもいい頃だと思います。私の知り合いの看護師が退職するか続けようかで迷っていると相談を持ちかけてきました。今月彼女は結婚したのですが変則勤務で土日休みの夫と休日が合わないので、顔を合わせる機会が少ない生活が続いているようです。子供も欲しいし、一方で、今の仕事は辞めたくないので、答えを出せないでいました。看護師というのは今でも人手の不足が叫ばれています。人手の不足をどうにかするには、現在、看護師の資格を取得していながら看護の職業から離れている人に、再度、看護師として働いてもらうことが良いと思われます。それには、柔軟な働き方が可能なように、すぐにでも、医療機関が直すべきところは直していくことが必要です。看護師を辞めたいと思っている人は、実際、とても多い数になってしまっています。その一番の理由としては、厳しい仕事内容で体調を崩したり、給与のことで不満に感じていたり、職場の複雑な人間関係で追い詰められてしまったりなどが多数です。看護という業務は多岐にわたります。医師が問題なく診療を行えるようにサポートするのが基本は、主なお仕事ですが、患者さんのケアや介助なども行います。入院病棟、外来のいずれかで、業務内容の方向性は様々です。仕事の負担が大きいのは、外来よりも入院病棟の方で、ストレスとなるでしょう。昔は男の看護士に限って、士という文字が使われていました。けれども、現在は男性の場合でも女性の場合でも、看護師という仕事に従事している人ならば、師を付加するように変更されています。看護師と看護士の両方を使用していると、曖昧で分かり辛いので、改善されたのだと思います。普通、看護師にとって、仕事が難しくない病棟としては、採血室が一般的に知られています。透析、採血、献血など、特殊な仕事のみを行う配属先です。献血センターもこれに該当します。基本的には、同じ作業の繰り返しで採血の技術も上がりますし、人の命を左右するような仕事もほとんどないです。採血は、どの科でも必要となるので、どの科に替わっても助けになります。医療機関で働く看護師ですが、医療に関する作業だけしていればいいわけではありません。疾病や傷害で動けない患者さんの世話に時間をとられるので、医療機関の中で他の仕事よりも忙しく勤務しているのです。大変な職業の割には、薄給で、ストレスで体調不良になることもよくあります。ナースの年収は高いと思われている方も存在するかもしれません。とはいえ、看護師は夜勤がなければ収入を増やすことができませんから、低年収ということも少なくありません。そのため、独り身の時はシフトに夜勤がある病院に勤務して稼いで、既婚後、夜勤がまわってこない病院に再就職する人も多数見られます。一般的に、看護師は意欲がそそられる仕事だそうです。今は、どんな種類の仕事でも直接人と向かい合うことが多いとはいえません。そんな中で看護師は他人と深く交わることができ、支えることができるという点において取り組みがいがあると感じる方が多くいるのでしょう。転職しようと思う看護師の志望動機には様々な理由が想定されます。例を挙げると、最先端医療や高度な医療技術の習得と現場での実践経験を積むために、専門性の高い医療機関に転職したいという状況もあると思います。それと、結婚や出産に伴って起こる家庭の事情によって転職を希望する場合も少なくありません。ナースの仕事で大変な事の一つに夜間勤務があるという事があります。病院などの機関では、夜中でも患者さんの病状が急変する事も起こりやすいです。そんな場合に、対応するためにナースには夜勤があるのです。といっても、ナースにとって夜勤というのは健康状態を悪くしやすくなりますし、負荷が大きいと言えるのです。交通事故で救急搬送された場合に、医師が見落としてしまった私の鎖骨の骨折を発見して処置してくださったのはまだ若手の看護師の方でした。後になってから知ったのですが、結構お若いのにその時既に、看護師長の立場でした。能力評価が正しくされた結果でしょうね。看護師は必ずしも正規雇用というわけではなくバイトやパートで働くこともあります。その時、重要性が高いのが時間給です。基本的に、パート、アルバイトの看護師は正規雇用と比較して待遇が悪いことがありますから、やはり、時給が高くないとやりがいは減りますよね。理想を言えば、高い時給が嬉しいですよね。私の叔母である人が、離婚をすることになって出戻ってくることになりました。久しぶりに再会した叔母は私が想像していたよりも元気で、「看護師なんだから、どんなところへ行っても仕事に困らない。あんな男の世話になんかならなくても食べていくことくらいできるわ」と言って笑っていました。向上心のある看護師が看護の技術をより磨いたり、成長のために、医療経験を積むには、多様なやりかたがあります。これまでの就業場所から別の病院、医療施設などに転職するのもその手段の1つです。また、最新の技術や広範な知識を体得するために看護関連資格を取得するのもスキルをアップさせる手段です。いわずもがなかもしれませんが、医療現場では、看護師の仕事というものは重要である職務だといえるのです。日々、厳粛な現場で激務をこなしていたら、耐え切れないほどの心の負担につぶされてしまうケースもあります。なんといっても、看護師はいつも命にかかわる仕事に携わっていますから、とても強い緊張感に晒されることも日常茶飯事で、ストレスをなんとか消化させる工夫も重要です。あまり時間が経たないうちに、辞めてしまう看護師は割と多いです。ほとんど女性の現場ですから、対人関係でもめやすく、辞めても、再就職をすることが難しくないことがあるようです。別の仕事と比較したらやっぱり、看護師は再就職がカンタンなので、希望する労働条件とすごく異なる際には、躊躇なく辞め、もっといい病院に転職する人もたくさんいます。看護師として仕事をしながら金銭面の余裕が欲しいと考えた時に行う副業にサイドジョブがあります。仕事がない日を利用して他の仕事で収入を得る看護師は年ごとに増加する傾向がみられます。Wワークの利点は、暇な時間を有効に活用することが出来て、関係のない仕事をすることで息抜きにもなる事です。気になる看護師の平均年収は、激務である割に、それほど高額ではないのが実際のようです。そのため、常によりよい月収を支払ってくれる職場を求めて転職のために活動している人がいるのです。月給が良い病院は、やっぱり人気でなかなか枠があかないため、中には、看護師専用の転職サイトなどを使って、転職のために活動している方も珍しくありません。基本的に、看護師は患者の方の命に影響を与える仕事をしているので、すごく精神を酷使するのです。だというのに、高給とは言い難い報酬で一生懸命に仕事をこなしています。そのような看護師の仕事に対するモチベーションを高くするために、是非とも給料を増やしてほしいと考えます。そもそも、看護師というのは、病院などの医療機関で大変重要な役目を背負っています。ですが、多くの病院や医療機関ではそんな看護師が不足していることに悩んでいるのが現状なのです。医療現場では、看護師が不足しているという問題を解消しておりません。これからは、少しでも早くこの問題を改善させる必要があります。病院や医療施設などで看護師が仕事をする時、配属先がとても重要な要素です。同じ病院の中で勤務する場合でも任命される診療科によって、大きく異なる仕事内容になります。偶然にも、自分の望んでいた配属先なら問題は発生しませんが、不得意と考えている配属先だと勤務先に親しみを持てないケースもあり得ます。看護師の就業人数が足りないという病院も思ったより多いので、再就職はよい選択です。とはいえ、ブランクが長いと再就職できるか心配しますね。そんなときは、再就職のネット相談所などを上手に利用して困ったときに、相談にのってもらえるような機能を使うのがいいでしょう。なぜ転職したの?「とっても暇だった。もっと忙しく働いていたい」というようなことでした。働きたくないと思っている人が多い世の中で、看護師は、医療機関にとっては欠くことのできない大切な人材です。にもかかわらず、そんな看護師の待遇は特に良いとはいえません。看護師は夜間の勤務があったり、逆に、休日が少ないといったあまり良くない労働状況で仕事をしているのに、支払われる給料の金額は、世間で言われるほど高くないでしょう。離職率が高くなってしまうのも、当たり前のことなのかもしれません。よく業界用語ってありますよね。その訳は、業務を滞りなく進めるためでその職にしか使えない言葉が使用されています。同様に、看護の職に就いている人でもその職にしか、使えない言葉が使用されています。一例として、心マは心臓に刺激を与える、ギネは婦人科、胸部の癌はマンマ、病院に泊り込みで治療をされる場合はアドミッションなど、たくさんのその業界でしか使えない言葉を使って会話しています。看護師さんはハードワークですね。過労死を避けるように気をつけた方がいいでしょう。条件が合っていないなら職場を変えることを検討してください。長期の治療を要する病気になれば、思いっきり仕事をすることも厳しくなります。ご自身の体は周囲の誰も守ってくれることはありません。私が看護師の仕事に身を投じたいと、思うようになったきっかけは、病院で、さまざまな病気や怪我、体調不良などを抱える患者のサポートをするという、この職業のやりがいを感じたためです。実は、私も以前、入院した際、看護師さんに病院で大変助けてもらい、今後は、私も一人の看護師として、患者の介助をしようと思っています。ナースは病棟の同僚と食事会をすることがあります。病院は忙しいので、全員出席することはあまりありませんが、予定を合わせて飲み会に行きます。普段言えない話も話せるので、言いたいことがたくさん言えて飲み会は明るい雰囲気です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です