鈴木博文と美子(よしこ)

間違った方法で選んでしまうと蟹の元々の良さを味わうことができません。美味いカニを堪能するには、選び方が大事です。タラバ蟹はどうやって選んだらいいのでしょうか。それは、注目するのは重さであり、一番に調べるべきことです。また、甲羅の汚れ具合も大事で、きれいなものではなく、良いものは汚れていて、硬いです。そういうものを選びましょう。蟹通販を使えば、お店や市場まで出向かなくても、各地の漁場から自宅まで直接蟹を届けてもらうことができます。でも、ここ最近は蟹通販をしているお店・業者も以前と比べてずっと多くなってきたので、どれを選んだらいいか分からない人も多いかもしれません。楽天市場などのECサイトで人気ランキングを見てみると、業者を選ぶのがかなり簡単になります。こうした人気ランキングは信用できるので、上位の業者の売れ筋の商品を選んで購入すれば、美味しく新鮮な蟹を、より安価に楽しむことができます。ネット全盛の時代とはいえ、テレビでも通販番組をやっているので、それで蟹を買ってみようと思った方もいらっしゃるかと思います。でも、テレビ通販を利用する前に、WEB上でさらにお得に蟹が買えるところがないかどうか、調べてからでも遅くはないですよね。なぜお勧めするかというと、一般にテレビ通販よりネットの方が良いものを、お得な値段で買える場合が多いからです。ただし、WEB通販には詐欺やトラブルのリスクが付いて回るので、気になる方はテレビ局のお墨付きを得ている通販番組を利用するのが無駄な心配を防げるという点ではいいでしょう。毛蟹はカニ味噌が濃厚で好まれている蟹ですが他の蟹より小さい体をしているため、選択をミスすると身が詰まっていないものを選んでしまうことがあり美味しくないです。毛蟹の正しい目利き方法をお教えいたします。購入場所が店頭である場合はその場で手に取れるので、重みを確認して身のつまっていそうなものを選択すればいいですが通信販売で買う場合は、厳格な基準で商品を取り扱っている、信頼できる会社を選ぶことが成功の秘訣です。「訳あり」の蟹と聞くと、なんだか怪しいと思う方もいるかもしれませんが、それがお得だと敢えて主張するのにはそれなりの理由があるので、ご説明します。実店舗との差を考えてみましょう。実際の店舗の場合は、ごく当たり前の蟹をごく当たり前の値段で買うだけなので、なかなか普通よりもお得に蟹を買うのは難しいです。ところが蟹通販では、実店舗とは違って、普通は売り物にならない蟹。つまり、傷物の蟹であっても、味は落ちないからと割り切って安価で売っている場合があり、確かに蟹の味自体には影響しませんから、考えようによっては大変お得です。ちょっと贅沢して蟹を買おう!そんな時には気を付けるべき事柄は、どうやって選ぶか、です。どんな種類の蟹かによっても違った選び方をする必要があります。例えば、ズワイ蟹を買う場合を考えてみましょう。この時には、お腹の方に注目してみてください。この時大事なのは腹側が白いズワイガニを避けることで、重要なのはアメ色をしたものをチョイスすることです。さらに、甲羅の硬さによっても判断でき、硬い物の方がより良いです。タラバガニ、ズワイガニなど蟹にも色々ありますが、オススメの種類の一つに挙げられるのが、花咲蟹という種類の蟹です。ハート形に似た甲羅を持つこの花咲蟹は、北海道本島の最東端、根室の花咲で主に獲れる蟹で、味わいは上質で、煮たり鉄砲汁の具にするなどの食べ方が好まれます。花咲蟹には独特の甘い香味があるほか、その身には意外なほどの柔らかさもあり、タラバガニほどではないですが大きく、身入りも上々です。夏に入る7月頃から、秋に入る9月頃までが旬であるとされますが、漁獲期間が短いのでなかなか手に入りません。蟹のブランドにも色々ありますが、私のお勧めは有名なズワイガニです。繊細な風味もいいですし、何より蟹本来の旨味、甘みが詰まっています。一度その味わいを知ってしまうと、その他の蟹は今後、選択肢に上らなくなることでしょう。一口にズワイガニといっても、産地ごとに様々な呼び名がありますが、脚のタグを見ればどのブランドかがわかります。このタグというのは、ブランド蟹の品質保証のために付けられています。ブランド蟹を注文して届いたら、念のため、タグを確認することをお勧めします。「お得に蟹を食べたい」、そう思う人は多いでしょう。それには、日帰りで、蟹の食べ放題が堪能できるツアーというものがあり、こちらのご利用をお勧めします。何故かというと、蟹を楽しむのにこのやり方だと、蟹を従来通り買って家で食べるというごく普通の方法の時よりも確かにお得に蟹を楽しむことができるからです。それだけではなく、蟹が美味しく食べられるところで行われることが多いツアーであるので安価であることだったり、量の多さであったりだけではなく、質がいいことも感じられると思います。お得で便利な蟹通販。最近では取扱業者も増えてきて、好みに合わせて色々な蟹を取り寄せられるようになっています。しかし、通販の欠点は実物を見て購入することができないことです。蟹通販を利用したい方は、いきなり購入を決めるのではなく、レビューに一通り目を通しておけば、リスクは抑えられます。とはいえ、全てのレビューがアテになるわけではありません。注意点としては、真っ当なレビューと、業者のサクラを見分けるように気を付けることです。レビューの数がそれほど多くないにもかかわらず、悪い評価がほぼなく、好評価ばかりが不自然なほど多ければ、おそらく業者が人を雇って書かせたヤラセ評価です。蟹を安く食べるにはどうしたらいいでしょうか。どのようなやり方があると皆さんお考えでしょうか?おそらく大多数の方が蟹を手に入れる一番お得な方法は、スーパーマーケットで探すことだと考えられるでしょう。しかし、それ以上に安値で蟹が取り扱われている場合があります。どうするのか。これから紹介します!購入手段として通販を通して買うことで、カニを最も安く手に入れることができます。これならば、蟹を安く手に入れることができます。少し見た目が悪くても、一番お得な方法です。蟹の名産地は国内にいくつかありますが、現在では、便利な蟹通販があるので、誰でも旬の蟹を取り寄せることができます。蟹にはタラバ蟹や毛蟹など複数の種類がありますが、私が最もオススメするのはズワイ蟹です。ズワイ蟹の魅力は、なんといっても蟹の身そのものの旨味を味わえること。甘みが強くジューシーな味わいを堪能できます。どこでいつ水揚げされたかによって味わいが別物ですから、失敗が怖い方は、無難にブランド蟹にしましょう。数ある中華料理の中で高級料理の一つとして多くの人に知られているのが上海蟹ですが、元来、上海蟹という名称で呼ばれるのは、中国全域で漁獲される淡水蟹の中でも、特に揚子江下流地域で水揚げされる蟹のことを上海蟹と呼んでいるのです。常に市場で扱われており、どんな季節に行ったとしても楽しめますが、メスはお腹にたくさんの卵を内包した状態にある10月ごろと、雄の上海蟹の場合は11月頃がよく、特にこの時期の白子の口当たりはねっとりとしていて最高の食感で、最高においしい一品として重宝されています。せっかく蟹を買うのなら、激安通販を利用したいと思っている人も多いかもしれません。その名の通り激安なので、一見、大きな魅力があると感じます。しかし、すぐに飛びつくのは禁物です。常識的な範囲を超えるほど安い価格を掲げている場合、売り物にならないだけの重大な理由があるという可能性も考えられます。トラブルや詐欺に巻き込まれないためにも、事前によく調べた上で判断することをおすすめします。私も家族も無類の蟹好きですので、蟹通販をよく利用しています。ですが、気をつけなければならないこともあります。お店のように現物を見て買うわけにはいかないので、事前に蟹の量を確認しておくのは大事なことです。量のごまかしもまた、「カニカニ詐欺」のひとつの手口なのです。そして、ある意味それ以上に気をつけなければならないのが解凍です。解凍にはコツがあります。何より、時間をかけて自然に解けるのを待つことが大切です。初心者は往々にして、急いで解凍して蟹のうまみを台無しにしてしまうものです。蟹通販は便利なものですよね。ですが、せっかく取り寄せた蟹を美味しく頂くには、調理の手順などにも気を遣う必要があります。色々な食べ方がありますが、茹でるのは基本なので、蟹をうまく茹でるための方法を押さえておくのがまず大事なことです。では、そのコツとは何か。それは、小さい鍋ではダメで、出来る限り大きめの鍋を用いることです。蟹全体がしっかりお湯をかぶるようにして茹でれば、蟹を茹でるのが初めてでも上手くいくでしょう。蟹の魅力を最も味わい尽くせる食べ方は、蟹の旨みを閉じ込めた茹で蟹、そして蟹鍋です。大の蟹好きである私もはっきりそう思います。蟹を味わうには生の方がいいという方もいますが、刺身や蟹しゃぶは漁港の専門店で食べるような例外を除き、鮮度が落ちるので味は微妙です。私が茹で蟹や鍋をお勧めする理由はそこにあります。これなら、そこまで新鮮ではない蟹でも美味しく頂くことができます。もし風味が足りないと感じたときには、土佐酢や柚子胡椒など、付けダレを変えればたちまち美味しくなります。渡り蟹という種類を聞いたことがあるでしょう。これはガザミという和名でも知られる、横に大きい形をした蟹で、最も代表的な漁場は瀬戸内海ですが、その他、大阪湾や有明海、三河湾などに分布していますが、最近は国産に加えて中国などの輸入品も多く出回っています。最高級品は甲幅30センチにも達する、かなり大型の蟹であり、蟹肉や蟹ミソ、そして卵巣など、捨てるところのない美味の塊として知られており、古くから愛され、かつては食用の蟹といえば渡り蟹を指していたほどでした。様々な食べ方が楽しめる渡り蟹。中でも茹で蟹や蒸し蟹にして食べるスタイルが最もスタンダードだといえます。さらに、味噌汁からパスタの具材、韓国料理に至るまで、使い道は多岐にわたります。今流行りの蟹通販は、誰もが気軽に利用できるサービスであることは間違いありません。しかし、それだけではなく、いくつか気をつけるべき点もあります。特に、旬のタラバ蟹を買いたい方は、蟹の大きさや価格、そして新鮮な蟹が届くのかどうかを忘れず確認しましょう。通販サイトでは、写真でしか商品を見ることができないので、商品説明の文章にも必ず目を通しておきましょう。通販サイトでは利用者のレビューを見られることも多く、これも案外、お店の信頼性を測る上で役に立つものです。一口に蟹といっても、色々あって、それぞれ風味や味わいが異なっているため、初めて蟹通販を利用してみたいという方は、一度、食べ比べて味を比較してみましょう。特に美味と言われ、人気のある蟹といえば、まずはズワイ蟹です。ズワイ蟹には蟹本来の旨味がふんだんに詰まっており、蟹ミソも、いかにも蟹らしい濃厚さがあります。甲羅の表面がツルツルしており、またタラバ蟹などと比べると小さめなのが外見上の特徴として挙げられます。ズワイガニのメスはセコガニという名称で呼ばれることがあります。地方により様々で、セイコガニまたは香箱ガニと呼ばれることもあります。美味しいカニ味噌は雄でも味わえますが、大方は脚の身をゆでガニ、焼きガニ、鍋などにして頂くことが世間一般では多いです。それとは対照的に、セコガニは小さいため、脚の身は少ししか食べられませんが、バランスのとれた味噌と内子と外子が魅力的で、大方は、そういった部分を湯がき、珍味として食べます。買ってもいない蟹が突然家に送られてくる。それがいわゆる蟹通販詐欺と言われる詐欺の手口です。代引きで送られてくるのが基本ですが、家の誰かが注文したのかと思い、支払いに応じてしまう人が少なくないようです。本来なら支払いを拒むべきなのですが、他の詐欺の手口と比べれば金額も圧倒的に少ないですし、現実、蟹は届いているのですから、それで済ませてしまう人が多いようです。身に覚えのない代引きが届いときは、まずは詐欺ではないかと疑ってみるのがいいでしょう。皆さんは蟹通販を利用したことはありますか? 蟹通販では、新鮮で美味しい蟹をいつでも注文することができます。ですが、広まってきたということはそれだけ多くの業者が参入しており、中には価格や送料が他より大幅に高いところもあるため、どこから買ってもいいというものではありません。根気よく多くのサイトを見ていけば、一番安いのはどこか、見当をつけられると思います。安いお店で蟹を通販する際には、そのお店の口コミやレビューをチェックし、信用性を確認するクセをつけましょう。蟹にも色々あります。買うときに、日本国内と海外産、どちらを買うべきか悩んでしまうケースも多いでしょう。しかし、それほど迷うことはありません。国産でも海外産でも、同じ種類の蟹ならさほど差異はないと言ってよいでしょう。国内・国外の差よりも、気にしなければならないのは、そのお店が信用できるかどうかです。蟹のグレードを左右するのは業者の質です。信用できるところの蟹なら、輸入品だから味が落ちるなどといったことはありません。美味しい蟹が食べたいですね! 蟹通販なら、ネットで直接、色々なタイプの蟹を取り寄せることが可能です。蟹通販は大変便利なので私もよく利用しています。しかし、注文は簡単ですが、その前段階が大変です。蟹通販の業者は昔と比べて大幅に数が増えていますから、慎重に選ばないと、美味しい蟹が味わえないということにもなりかねません。せっかく蟹を味わうなら新鮮なものがいいですよね。そのためには、「産地直送」を明記している業者に絞って探しましょう。どの業者から買うかで、蟹通販の全てが決まるといっても過言ではありません。蟹通販が便利になった今では、以前にもまして、知り合いや家族にお歳暮で美味しい蟹を贈りたい方もいますよね。しかし、贈る前にこれだけは気をつけましょう。水揚げの瞬間から鮮度の劣化は始まっています。時間が経つと風味や味わいも落ちていく上、運が悪ければ食あたりの危険さえあります。最悪の事態を招かないためにも、蟹を贈る際には、必ず信用できる業者から購入しましょう。また、相手のことを考えれば、相手が在宅していそうな時間を指定して発送するべきなのは言うまでもありません。蟹の美味しい季節が今年もやってきました。蟹の醍醐味といえば、なんといっても丸ごとで買うことでしょう。脚だけのポーションの詰め合わせや、いわゆる訳あり蟹が特に安いという印象があるかもしれませんが、丸ごと買いも捨てたものではなく、サイズや品種によってはお得な値段で購入できる商品は少なくありません。それに、蟹を美味しく食べようと思えばたっぷりのお湯で蟹を丸ごと茹でること、これがベストです。茹で蟹なら、蟹の旨みが凝縮されるので、安い蟹でも十分に蟹らしい風味を味わうことができますよ。美味しいカニを食べるには、入手方法としては店頭販売、または通信販売の利用が一般的ですが、この他、意外かもしれませんが、温泉へ行くという手段です。絶品の蟹がウリの温泉地もあるからです。温泉地の中でも蟹が多く獲れるところの周辺に出向いて行けば、いいシーズンであれば、蟹も美味しく食べられて、温泉も楽しめる、そんな体験ができるでしょう。ただし、いつでも楽しめるのは温泉の方だけで、時期を選ぶのが蟹ですので、旬に合わせて行くようにしましょう。蟹にも色々な種類があります。触感や味、調理法などがそれぞれ違い、人によって好みも色々ありますから、蟹通販の利用をご検討されている方は、種類ごとの違いを意識して商品を選ぶことが必須かもしれません。色々ある種類の中でも、特に人気のものとしては、真っ先に出てくるのが、タラバガニ、そしてズワイガニです。蟹を選ぶ際には、大きさや新鮮さに注目する人が多いようです。ご家庭で活蟹を捌く場合、いくつか注意すべき点があります。腹から「解体」するのが基本ですから、蟹のお腹が上になるようにしてください。「ふんどし」と呼ばれる、お腹の三角形の部分を引き剥がします。割と簡単に剥がれます。包丁の根元の方を使い、甲羅が傷つかないように腹を正中から真っ二つにします。続いて、腹の切れ目を中心に、足を甲羅から取り外します。胴の部分についたエラや薄皮は、指で細かく取り除いておきましょう。蟹ミソはふんどしの裏などにも付いているので、まとめて甲羅に入れておきます。ここまできたら、あとは脚の関節を包丁またはハサミで切り離して、身の肉を出しやすいよう、脚の表面に一直線の切れ目を入れておくというのが捌き方の基本手順です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です